アトピー 食事

アトピーに影響を与える『良い食べ物』と『悪い食べ物』

アトピーは、アレルギー性のある皮膚疾患の1つです。

 

皮膚疾患の代表的なものといえば、
やはりニキビが思い浮かぶと思います。

 

ニキビに良い食べ物と悪い食べ物があるように、
アトピーにも『良い食べ物』と『悪い食べ物』があるのをご存じですか?

 

わたしたちが生きていくために、食事は欠かせません。
しかし、好きなものばかり食べていたらダメですよね。

 

アトピーの人は、『基礎体力を強める』ことに重点を置いて、
食事を見直してみましょう。

 

アトピーの人は、同時に消化器官が弱い、低血圧、
代謝や免疫力が低いなどの症状があることが多いです。

 

そのため、『基礎体力を強める』ことが大切なのです。

 

具体的には、タンパク質・鉄分・亜鉛・葉酸
ナイアシン・ビタミンB群などを含むものが良いとされています。

 

酵素がたくさん摂れる味噌汁(インスタントではなく手作りのもの)、
乳酸菌が摂れる漬け物、ウイルスやバクテリアを死滅させる効果のある
アロエなどがおすすめです。

 

味噌汁や漬け物は、自分で手作りしてみましょう。
好きな野菜や海藻などを入れて作ると良いですね。

 

アロエは庭で育てることも出来ますよ。
ヨーグルトに入れると食べやすいのでおすすめです。

 

一方、アトピーを悪化させる食べ物もあります。
それは、肉、酸化した油、砂糖などです。

 

肉ばかりの食事やポテトチップスなどのスナック菓子、
砂糖たっぷりのケーキや清涼飲料水などは控えましょう。

 

また、体内の毒素を排出するために、
毎日水を2リットルほど飲むと良いと言われています。

 

次のページでは、アトピーの人におすすめの化粧水の選び方をご紹介します。

 

アトピー完治に必要な「保湿」が得られる化粧水の選び方とは?