アトピー 保湿

アトピーのための「保湿剤」の選び方とは?

アトピーの人にとって、保湿は欠かせません。

 

なぜなら、アトピーの人は『肌のバリア機能』が
著しく低下しているからです。

 

角質層の水分や細胞間脂質(=セラミド)が不足していて、
水分をとどめておくことが出来ません。

 

このことはアトピーの人だけでなく、
ひどい乾燥肌の人にも同じことが言えます。

 

このような肌の状態は免疫力がとても低下しているので、
些細な刺激も感じやすくなってしまうのです。

 

アトピーの人に向けた保湿には、実は二種類あります。

 

一つ目は肌の表面に膜を張って『水分を飛ばさないようにする』もの、
もう一つは角質層にとどまり、『角質層の水分保持と細胞の間を補修する』ものになります。

 

前者はワセリンなど、後者はセラミドなどが一般的です。
皮膚科へ行ったときに処方されるのは、プロペトなどのワセリンが多いような気がします。

 

どちらが良くてどちらが悪いとかはありません。自分の肌の状態などで決めましょう。

 

そして、最近アトピーの人たちの間で『脱保湿』という意識が高まっているそうです。
これは、文字通り保湿をするのを一切やめ、『肌本来が持つうるおう力』を引き出そう、とするものです。

 

肌断食という美容法があるように、確かにこの考えは一理あります。

 

しかし、かゆみのひどいときにはやはり保湿剤を使用するべきだと思います。

 

もちろん、むやみやたらと保湿剤を塗るのではなく、
必要なときにだけ使用すると、アトピーの悪化を抑えられるでしょう。

 

次のページでは、アトピーの人におすすめの化粧水の選び方をご紹介します。

 

アトピー完治に必要な「保湿」が得られる化粧水の選び方とは?