アトピー 治療 薬

ステロイドの副作用は怖い?

アトピーの主な症状は、すさまじいかゆみを伴う湿疹が、
ありとあらゆるところにできてしまうことです。

 

顔や胸、背中、関節など汗をかきやすい場所に多いです。

 

アトピーの湿疹は、表現するのが難しいほど、とにかくかゆいです。
そのときに掻いてしまうと、掻いたところから更にどんどんかゆみが増していきます。

 

一度掻いてしまうと、血が滲むまで掻きむしってしまった…
なんて経験のある人もいると思います。

 

もちろん『掻いてはいけない』ことは頭では分かっているのです。
それでも我慢できないほどの強烈なかゆみが襲ってくるわけです。

 

そんなときは、皮膚科を受診して『抗ヒスタミン剤』の注射や
飲み薬を処方してもらうとだいぶ楽になりますよ。

 

これらは『どうしても我慢できないかゆみ』の
ときにだけ使うようにしましょう。

 

アトピーの湿疹、炎症がひどいときには、
一時的な処置としてステロイドを使うのも良いでしょう。

 

炎症が新たな炎症を呼びますから、悪化を防ぐためにも
上手にステロイドを使うと良いですね。

 

アトピーの治療は、薬を使う以外にも『丁寧なスキンケア』や
『原因の究明』が大切になります。

 

汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて清潔を保つことや、
しっかり保湿をして肌のうるおいを保つこと、
そして原因を取り除くことがアトピーの治療には欠かせないのです。

 

自分で原因が思い当たらないという人は、
病院に相談してアレルギー検査などを受けてみましょう。

 

アトピーの原因となりそうな項目(ダニ・ハウスダストなど)を
選んで検査すれば、いくつか当てはまるものがあるかもしれませんよ。

 

まずは、身の回りの「石鹸」や「ローション」を見直すことから
始めてみてはいかがでしょうか?

 

次のページでは、アトピーの人におすすめの化粧水の選び方をご紹介します。

 

アトピー完治に必要な「保湿」が得られる化粧水の選び方とは?