大人 アトピー

大人になってアトピーになってしまったら

アトピーは、年齢問わず発症することがあります。

 

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんから、大人になってから症状が出る人まで様々です。
昔、アトピーは免疫力の低い赤ちゃんや子どもに多い病気でした。

 

しかし、最近では『大人になってから初めて』アトピーを発症する人が増えているのです。

 

子どもの場合は、アトピーの主な原因は食物アレルギーです。
そのため『原因』をしっかり取り除くことが比較的簡単で、なおかつ成長と共に免疫力も増えてきます。

 

ですから、子どものアトピーは成長と共に治りやすいのです。

 

しかし大人の場合は違います。

 

そもそも大人のアトピーの原因は食物アレルギーではなく、
ダニやほこり、花粉、ペットの毛などの『環境的な要因』であることが多いです。

 

このような環境的な要因は、すべて取り除くことは難しいですよね。
しかも大人は生活習慣が不規則になりがちです。

 

どうしても家事や育児で規則正しく睡眠をとることは難しいですし、
今の世の中ストレスをためずに生活することなど不可能です。

 

このような理由から、大人のアトピーは治りにくいと言われているのです。

 

また、アトピーの主な症状は『赤い湿疹』ですが、
大人の場合はこれにくわえて『痒疹(ようしん)』と呼ばれる、
円形で赤く盛り上がった湿疹も出来るのです。

 

痒疹は治りが悪く、跡が残りやすいです。

 

大人のアトピーを改善するには、規則正しい生活と免疫力を高めることが重要です。
胃腸の働きをよくしておくことも大切ですよ。

 

もしそれでも変化を感じなければ、今使っている「化粧水」を変えてみてください。

 

次のページでは、アトピーの人におすすめの化粧水の選び方をご紹介します。

 

アトピー完治に必要な「保湿」が得られる化粧水の選び方とは?